遺品整理 – Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E5%93%81%E6%95%B4%E7%90%86

遺品整理 (いひんせいり)とは、故人の残した品(遺品)を整理すること。遺品処理、 … 遺品はいわゆる遺産の内でも動産など物品全般を指すが、こと故人が生前に使用していた生活雑貨や衣類・家具・家電製品など古物としては財産価値の薄い物品も含まれる。

遺品整理(いひんせいり)とは、故人の残した品(遺品)を整理すること。遺品処理、遺品処分ともいう。~Wikipediaより~。つまり、遺族にとって必要のない物、使えない品、これ全てゴミになるんでは?「何を言っているんだ!」とお怒りの方も居るだろうが、きっとその方は、周りで遺品整理をする場面に直面した時、紙くずから生ゴミまで遺品として残すのだ。故人が残した忘れ物だから全て天国まで届けてあげますか?昨今、野焼きは禁止されています。棺の中に大量の物を入れて故人が喜ぶでしょうか?適格適正に処理処分する、想い出、形見は取り分けて残った物は不要品。だから整理なのではないだろうか。

不要と判断した遺品。どう処分しましょう?環境省の政策欄に廃棄物、リサイクル対策というものがあります。県の暮らし、環境の項目に廃棄物リサイクル課が存在し、一般廃棄物関係、産業廃棄物関係と詳しく記載。んっ!?、遺品なんて項目は存在しませんね。家庭から出た不要品=一般廃棄物、すなわちゴミとしてしか処分は敵わないんです。故人が生活していた場所の自治体が定めた決まり通りの処分法を取らなければならないんです。立派な壺でも、不燃物、埋め立て、地域によっては焼却品となるようです。桐のタンスも不要なら粗大ごみ。燃える物、燃えない物、資源になる物、きっちり分けて適正な処分を行わないといけません。